歯並びを矯正して健康的な表情を取り戻す!血行促進がはかれる

歯医者

目立たない裏側に装着

歯型

歯並び矯正をするとなると、どうしてもブラケットが目立ちがちになります。なぜなら、黒い色のチタン製ブラケットを白い歯に装着するとなると、否が応でも目立ってしまうものです。気にしないという人は勿論いますが、年頃な人だと目立つのを極端に嫌ってしまうでしょう。なぜなら、目立つと周囲の目線を気にしてしまいます。目線が気になってしまい治療がままならなくなる可能性が高まるのは間違いありません。しかし、歯科矯正をしておかなければ、健康的な目でも悪影響を及ぼしてしまいます。歯並びが悪いことによって歯の手入れが充分に行き届かなくなります。あるいは、歯並びが悪いイコール噛み合わせが悪くなります。噛み合わせが悪くなれば、顔や脳に流れる血液がスムーズに流れなくなります。健康面で見ても、出来るだけ早急に矯正治療を行なったほうがいいのです。それに、最近では目立ちにくい裏側矯正というものもあります。目立たない裏側矯正を利用して、こっそりと歯科矯正を施しちゃいましょう。

裏側矯正とは、文字通りの治療方法で歯の裏側に専用ブラケットを装着するものです。口を開くとき、舌に隠れてしまうので、ブラケットが見えにくくなります。舌が覆いかぶりやすいので、第三者に矯正器具をつけていることが認知されにくいのです。こっそり矯正治療をすすめられるのは間違いありません。目立ちにくい場所に付けるタイプのブラケットを使った裏側矯正を選んで、快適に歯並びを正していきましょう。